2023年度の宅建士試験合格発表と5年目のリベンジの勉強法と結果

この記事は約5分で読めます。
記事内に広告が含まれています。

みなさん、いかがお過ごしだったでしょうか。

どうも、れきをくん(@rekiwokun)です。

とうとうやって来ました。

毎年、恒例の宅建士受験生は運命の日となる宅建士試験の合格発表日。

合格点が変動するという魔の相対評価試験のために、前年は合格できる点数だとしても今年が合格できるとは限りません。

私はどうだったのでしょうか。

合格体験記も含めお伝えしていきたいと思います。

では、今回の講義を始めます。

2023年度の合格点

2023年度の合格点は

36点

そして、合格率は

17.2%

私の得点は・・・

37点

合格

2023年度の問題の所感

今年、受験した感想としては非常に解きやすい印象を受けました。

ただ、全体的な問題としては肢レベルで見たことがない問題肢がちらほらあって、そこでメンタルをやられて拾える問題も拾えなくなることはあったのかなと思いました。

過去問は肢レベルでやり込む

対策としては、やはり過去問を肢レベルでやり込むことが大事です。

といのも、過去問を徹底的にやり込みさえすれば肢が切れる問題が多いので、結果的に合格点に到達する問題が多かったです。

例えば、問題文で「正しいのを選べ」とあった場合は2通りの出題方法があります。

  • 正しい肢を過去問で出題済みの肢にし、正しくない肢を未出題の肢にする
  • 正しくない肢を過去問で出題済みの肢にし、正しい肢を未出題の肢にする

この2つのパターンでしか出題がされないので、必ず過去問レベルで肢が切れるわけです。

肢を切って、最後の2つになったときにどちらも未出題ということはありませんでした。

もちろん表現は変わることがありますし、数値や登場人物が変わることはあります。

しかし、論点という点からみたときは出題済みの肢です。

ここで分かることがあります。

過去問の丸暗記では解けない問題があるということです。

過去問の丸暗記では解けない

肢が切れるかどうかも肢をすべて丸暗記するのは到底不可能に近いので、頻出論点と結び付けて抽象化して記憶していくことになるだろうと思います。

そこで、必要になってくるのが「理解」です。

この問題のこの肢は、なぜこうなるのだろうか、なぜこの論点で問題になってるのだろうか。

このように「なぜ」を徹底的に追求して、頭にストックしていってください。

暗記は必ず必要です。暗記は徹底的にしてください。

そのさいも単純暗記ではなく、理解暗記を優先してください。

スポンサーリンク

私の合格体験記

私は受験年数が5年で、受験回数は4回です。

2020年10月試験の史上最高点を38点に更新した年は、37点で1点不足で無惨にも散りました。

勉強方法は2020年10月試験のときと変えることはありませんでした。

使用教材

使用教材を掲載する¥・・・

使用教材で実際に購入したのはこの1冊だけです。

問題集は下記の無料アプリで肢別レベルで解きまくりました。

四択になってる本番と同じ形式の問題は・・・一度も解いていません。

勉強方法

満点を取るのは絶対に無理です。

全範囲を完璧に網羅するのも、絶対に無理です。

そこで考えたのが過去問のレベルは絶対に完璧にしておく。

どの角度から聞かれても、表現を変えても絶対に解けるレベルまで持っていくことを決めました。

移動時間、トイレの時間、休憩の時間・・・すべての空き時間は問題を解くことに決めした。

それでやっと今年の宅建士試験に合格することができました。

やったことはテキストに出てくる知識は完璧に覚える

そして、肢別の知識をひたすらに周回して自分の血肉とすることにあります。

たったそれだけで無事に合格できました。

過去の合格点と合格率

最後に過去の試験の合格点と合格率を掲載しておきます。

平成の初期の合格点は非常に低かったことが分かります。

一方で、合格率は現在よりも低いので、きちんと勉強をして行く人が少なかったんですかね・・・

宅建士試験の合格点と合格率の推移
宅建士試験の合格点と合格率の推移
実施年度合格点合格率
令和5年度3617.2%



令和4年度 36 17.0%
令和3年度(12月試験) 34 15.6%
令和3年度(10月試験) 34 17.9%
令和2年度(12月試験) 36 13.1%
令和2年度(10月試験) 38 17.6%
令和元年度 35 17.0%
平成30年度 37 15.6%
平成29年度 35 15.6%
平成28年度 35 15.4%
平成27年度 31 15.4%
平成26年度 32 17.5%
平成25年度 33 15.3%
平成24年度 33 16.8%
平成23年度 36 16.2%
平成22年度 36 15.2%
平成21年度 33 17.9%
平成20年度 33 16.3%
平成19年度 35 17.3%
平成18年度 34 17.2%
平成17年度 33 17.4%
平成16年度 32 16.0%
平成15年度 35 15.3%
平成14年度 36 17.4%
平成13年度 34 15.3%
平成12年度 30 15.5%
平成11年度 30 15.9%
平成10年度 30 13.9%
平成9年度 34 14.2%
平成8年度 32 14.8%
平成7年度 28 13.9%
平成6年度 33 15.2%
平成5年度 33 14.4%
平成4年度 32 16.0%
平成3年度 34 14.0%
平成2年度 26 13.0%
平成元年度 33 15.0%

https://www.retio.or.jp/exam/pdf/zissigaikyo.pdf
スポンサーリンク

まとめ

元来は法律家志望なので、せめて宅建に合格して目指そうと思って5年が経ちました。

インターネットは「誰でも受かるくらい簡単」「あんなの3ヶ月で簡単に取れる」「法律の登竜門で受からないようだとセンスがない」などなどと好き放題を言っているのを見ました。

しかし、実際に自分が受験した結果としては全然簡単ではありません。

なんなら数ヶ月で合格できるのは天才以外は無理だと思います。

インターネットの言葉を鵜呑みにせずに、じっくりと考えて挑戦をしてください。

陰ながら応援しています。

今回の講義はこれで終わります。

では、またお会いしましょう!

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました