偽物だ!その警告画面と警告音!「サポート詐欺」は架空請求詐欺です!

この記事は約4分で読めます。
記事内に広告が含まれています。

みなさん、いかがお過ごしだったでしょうか。

どうも、れきをくん(@rekiwokun)です。

サポート詐欺という特殊詐欺を聞いたことはありますか?

海外では2012年頃から「Tech Support Scam」という名前の手口で行われています。

日本語では「テクサポ詐欺」と呼ばれています。

日本でも2012年頃から確認されていますが、2015年から本格的に流入されたことが確認され、2016年になり急激に増加しています。

詐欺の被害者を減らすためには、少しでも周知することが肝要です。

そこで、注意喚起の目的も含めて記事にすることにしました。

では、今回の講義を始めます。

サポート詐欺とは

サポート詐欺とは、ブラウザ上に利用者の不安を煽るようなことを表示し、そこに記載されたサポートセンターに電話をかけさせ、遠隔操作ソフトをダウンロードさせたり、サポート料という名目で金銭を騙し取る特殊詐欺になります。

代表的な手口としては、ブラウザ上に「ウィルスに感染した」「システムが不調です」などの利用者が不安を感じるように煽り、嘘の画面に表示されたサポートセンターに電話をさせる方法です。

引用元:偽警告の新たな手口に要注意! | 情報セキュリティ | IPA 独立行政法人 情報処理推進機構

これはIPA情報処理機構が公開した実際にマイクロソフトを装ったサポート詐欺の画面です。

画面を見てもらうと分かると思いますが、マイクロソフトフリーダイヤルの電話番号が(03)から始まるので嘘だと分かると思います。

もし電話をかけてしまった場合は、会社名・担当者名・具体的なやり取りなどの詳細をできる限りメモをし、その情報をマイクロソフトと警察に報告しましょう。

(03)は東京23区の電話番号でフリーダイヤルではないです。

引用元:偽警告の新たな手口に要注意! | 情報セキュリティ | IPA 独立行政法人 情報処理推進機構

IPAの公開資料によると、1月から増加の一途を辿り、8月以降は200件を下回ることなく増加傾向を示しています。

特に増加が顕著なのが10月と12月の300件です。

2017年も増加傾向は変わることなく、2017年1月はすでに200件を超える相談が寄せられているとのことでした。

サポート詐欺の手口

様々な手口、手法を駆使してユーザーの不安を煽る努力してきます。

今回の記事を見て、詐欺師の慎ましやかな努力を打ち砕く精神力を養いましょう。

手口① 警告画面が次と重なって開く

警告画面が再現なく次々と開くパターンです。

一番上の画面が下の画面の「閉じるボタン」を隠す形で表示されるので、画面を閉じることができなくなり焦ります。

それで正常な判断が困難になり、偽のカスタマーセンターに電話かけてしまうわけです。

手口② 警告音やアナウンスが流れる

故障の際に流れるピープ音のような警告音が流れます。

この音はパソコンに詳しくない人からしたら、本当に恐怖だと思います。

しかもその恐怖に追い打ちをかけるように、「ウィルスに感染しました」という警告アナウンスまで流れる徹底ぶりなパターンが大半です。

ただ、パターンとしては音とアナウンスなので知れば大したことないです。

手口③ 実際の大企業や有名企業のサービスを模倣する

先ほどのマイクロソフト社を模倣した画面が代表例です。

その他にもマカフィーやトレンドマイクロなどの場合もあります。

有名な企業の場合は、カスタマーセンターへの電話番号が公開されているので、きちんと電話番号を調べることで回避できる場合が多いです。

全てに共通すること

すべてに共通することがあります。

それが不安を煽り焦らせるような文言とサポートの電話番号です。

この2つは必ずあります。

どんな焦るような文言があっても一呼吸おいて、電話番号が公式サイトに記載されている電話番号なのかを確認してください。

これだけでもかなりの確率で詐欺を回避できます。

スポンサーリンク

ランサムウェアとサポート詐欺の違い

前回の記事をお読みくださった方の中には、少し疑問をお持ちになるのではないでしょうか。

ランサムウェアと似ていると思いませんか?

ランサムウェアとは、パソコン内のデータを勝手に暗号化することで、データを人質に金銭等を要求してくること悪質なコンピュータウィルスをいいます。

サポート詐欺とは、ブラウザに利用者の不安を煽ることを表示し、記載されているカスタマーセンターに電話をかけさせサポート料として金銭を騙し取ることをいいます。

両者の違いは、ウィルスか否かです。

ランサムウェアはコンピューターウィルスで、サポート詐欺は特殊詐欺です。

この違いはしっかりと認識しておきましょう。

ランサムウェアパソコンにウィルスを感染させることで金銭を要求する金銭を要求する詐欺
サポート詐欺無意味な動作をさせ、サポート料として金銭を要求する

まとめ

今回の記事では増加傾向にある「サポート詐欺」を取り上げました。

一見すると、ランサムウェアとも似ているので、違いが分かりづらいと思います。

しかし、ランサムウェアはトロイの木馬として感染することが多いですが、サポート詐欺は普通にネットサーフィンをしていても標的にされます。

焦らずに、警告画面が出ても気にせずに閉じることで回避していきましょう。

今回の講義はこれで終わります。

では、またお会いしましょう!

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました