ネットゲームで知り合い未成年者淫行をしたシングルマザー

この記事は約4分で読めます。
記事内に広告が含まれています。

みなさん、いかがお過ごしだったでしょうか。

どうも、れきをくん(@rekiwokun)です。

ある有名なネットゲームを通じて知り合い12歳の男子小学生と未成年者淫行をしたシングルマザーが逮捕されました。

以前であればSNSを通じて知り合い未成年者と淫行行為を行うことが多くあったと思いますが、最近ではネットゲームの方が多くなりつつあります。

このネットゲームを通じて行われる大人の醜悪な部分をご紹介できたらと思います。

では、今回の講義を始めます。

事件の概要と流れ

全世界で約2.5億人もの人がプレイしているネットゲーム『荒野行動』で、出会い目的で男の子を物色するのが日課だったそうです。

そこで目を付け仲良くなったのが被害者の男子小学生です。

事件の発生

ゲーム内で仲良くなった長尾里佳被疑者は、自宅である香川県高松市郊外の県営団地から福岡県に赴き、被害者の男子小学生とホテルで性的関係を持ちました。

その後、2018年12月には旅費を支払い、福岡県から自宅の香川県高松市郊外の県営団地に呼び、被害者の男子小学生に胸を吸わせ、その様子を動画で撮影し、保存し、性的関係を持ちました。

また、この1回では終わらず、2019年1月21日にも同様に旅費を支払い、福岡県から自宅の香川県高松市郊外の県営団地に呼び、性的関係を持ちました。

2019年1月22日に児童福祉法違反・児童ポルノ禁止法違反で逮捕されることになりました。

子どものお父さんも年下

長尾里佳被疑者は17歳の時に子ども出産し、現在は3歳になる男の子がいるそうです。

その子どものお父さんも3歳年下の男の子、つまり14歳です。

また、出産時に17歳ということは妊娠したときは16歳だと考えられます。

ということは、相手の男の子は13歳ということになります。

妊娠から出産までは十月十日なのでこう考えています。

相手が若すぎて、結婚しても一緒に生活ができないということで結婚することができずに未婚でシングルマザーになったそうです。

しかし、子どもを出産するということで高校は中退したそうです。

パパ活相手もいた

ショタコンばりに年下の男の子に好意を抱いている長尾里佳被疑者ですが、実はパパ活相手がいたという話もあります。

これはシングルマザーで金銭的に困っているということで、経済的な支援をしてもらうためにしていたそうです。

この事件の匿名通報者はこのパパ活では?という憶測まで広がっています。

男子小学生のお母さんが通報したという話もありますが、一人で福岡県から香川県まで来ている間にも捜索願は出ていなかったそうです。

過去5年間で犯罪件数が2番目に多い平成30年

ここ数年間、未成年者への性犯罪は増加傾向にあります。

実際に、警察庁の「平成30年におけるサイバー空間をめぐる脅威の情勢等について 」においても児童買春・児童ポルノ法違反の検挙件数は2,057件とすべての犯罪の中で最も多く、過去5年間では2番目に多いと発表がされています。

平成30年におけるSNSに起因する被害児童の現状‐警察庁生活安全局少年課

こちらの資料を見ていただければ分かると思いますが、平成24年を境に増加傾向にあり、平成29年に次いで平成30年は犯罪件数が多いのです。

全体の犯罪件数は平成29年よりも減少しているにも関わらず、『児童福祉法違反』の罪種だけは増加傾向にあることが重要だと考えています。

やはりTwitterが1位だった

では、どの媒体で出会うことが多いのでしょうか。

よくメディアでは「会員制SNSアプリ」と表現されますが、あれは何を指しているのでしょうか。

それが一目で分かる資料があります。

平成30年におけるSNSに起因する被害児童の現状‐警察庁生活安全局少年課

そうです。答えは『Twitter』です。

ひま部やツイキャスなどもありますが、圧倒的に多いのが「Twitter」です。

サイバーパトロールで一番監視しているのも実は「Twitter」なのです。

近年増加傾向にあるオンラインゲームでの犯罪

近年増加傾向にあり、徐々に逮捕者も増えいているのがオンラインゲームを通じての未成年者淫行です。

荒野行動、エイペックスなどのネットゲームが大流行をし、若年者への性犯罪が増加傾向にあります。

今回のケースはこちらです。

少年非行、児童虐待及び子供の性被害の状況‐警察庁生活安全局少年課

Nintendo Switchの発売は2017年です。一番犯罪件数の多い平成29年となります。

同年2017年に荒野行動も日本でリリースされていますので、うなずけますね。

今後は、オンラインゲームも規制の対象となるかもしれませんね。

まとめ

今回の事件を受け、一部ネット界隈では「リアル姉ショタ」だと湧いたそうです。

そんな盛り上がりよりも驚いたのは、お子さんがいたことです。

子育てよりもオンラインゲームでのショタ探しに奔走していたと考えると・・・

おぞましい限りです。

今回の講義はこれで終わります。

では、またお会いしましょう!

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました