LINEのスクショの晒しや暴露行為は犯罪なのか?名誉毀損?侮辱罪?

この記事は約6分で読めます。
記事内に広告が含まれています。

みなさん、いかがお過ごしだったでしょうか。

どうも、れきをくん(@rekiwokun)です。

「暴露系YouTuber」として名高いガーシーさんがNHK党の比例区で当選されました。

ガーシーさんといえば、芸能人の知られざる黒い部分を暴露し発信している人気YouTuberであると認識しています。

私自身はそのYouTube配信は見たことないのですが、ネットニュースの記事を見る限りは様々なLINEのスクショなどを証拠として提示して暴露しているようです。

今回の記事では、そういったLINEのスクショを晒す行為や暴露する行為は犯罪になるのかとお伝えしていきたいと思います。

では、今回の講義を始めます。

名誉毀損罪と侮辱罪の違い

誰かの悪口を言ったり、人の名誉を傷つける噂を広めたりする行為は、日本の刑法では「名誉毀損罪」か「侮辱罪」に分けられます。

一般の人には非常に分かりにくい違いがあるので、順番にみていきましょう。

名誉毀損罪

(名誉毀損)
第二百三十条 公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した者は、その事実の有無にかかわらず、三年以下の懲役若しくは禁錮又は五十万円以下の罰金に処する。
2 死者の名誉を毀損した者は、虚偽の事実を摘示することによってした場合でなければ、罰しない。

刑法 | e-Gov法令検索

名誉毀損罪とは、「公然と事実を摘示した」場合に該当する構成要件です。

例えば、「Aさんは過去に銀行強盗をした真犯人だ」という話を噂として広めたとしましょう。

この話で名誉が著しく下がった場合は、真実であるか否かに関係なく「名誉毀損罪」が成立します。

ポイントは「事実を摘示した」ことです

侮辱罪

(侮辱)
第二百三十一条 事実を摘示しなくても、公然と人を侮辱した者は、一年以下の懲役若しくは禁錮若しくは三十万円以下の罰金又は拘留若しくは科料に処する。

刑法 | e-Gov法令検索

一方で、侮辱罪という似た概念があります。

これは「事実を摘示しなく」ても、侮辱した事実が存在するだけで該当します。

例えば、「Aさんは気持ち悪くてバカだ」などが該当します。

この抽象的なものでも該当することがあるので、不用意に人を傷付ける言葉はいうべきではないことが分かりますね。

なお、今月の7月7日に侮辱罪は厳罰化されました。

「表現の自由」の兼ね合い

事実を摘示して情報を発信したことで、相手の名誉が毀損されれば、すべてが名誉毀損罪になるのでしょうか?

事実を摘示せずに情報を発信したことで、相手を侮辱することになれば、すべてが侮辱罪になるのでしょうか?

そうではありません。

「表現の自由」は守られる

というのも、日本国憲法21条に「表現の自由」という権利があります。

第二十一条 集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。
② 検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。

日本国憲法 | e-Gov法令検索

表現の自由とは、口頭・書籍・新聞・映画・音楽・インターネットなどのの手段・媒体を問わずに、思想・信条・知識・感情などの内心の精神活動を外部へ表現することができる自由のことをいいます。

この表現の自由は司法での判断も不要で、検閲や規制などに妨害されることもありません

そして、表現の自由が存在するということは、それを自由に受け取ることができる「知る権利」も存在します。

「表現の自由」は公共の福祉の範囲内

確かに、「表現の自由」が存在するので何人も表現をするのは自由です。

そして、その表現を検閲や制限によって制約されることはありません。

しかし、そうはいっても無制限に認められるわけではありません。

第十三条 すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。

日本国憲法 | e-Gov法令検索

日本国憲法13条には、国民の権利は公共の福祉に反しない限り尊重されるとしています。

人には、下記のような権利も有しています。

  • 「私生活をみだりに公開されない権利」であるプライバシー権
  • 「承諾なしに、みだりにその容貌・容姿を撮影されない権利」である肖像権

こういった権利を不当に侵害してまでする表現活動は認められません。

これを公共の福祉といいます。

つまり、無制限に表現活動ができるわけではありません。

しかし、どの程度からが誹謗中傷・侮辱になるのか、どこまでなら表現活動として許されるのかに明確な基準がないのも事実なので、早急な法整備が必要であると考えています。

スポンサーリンク

LINEのスクショは?

では、次はLINEのスクショです。

晒し系や暴露系は証拠としてLINEのスクショを出すことが多いです。

これはプライバシー権を侵害するのでしょうか?

スクショの前から問題がある

そもそもスクーンショットを流出させる以前に、誰かのスマートファンを覗き見る行為が不法行為に該当する可能性が高くなります。

不法行為によって入手したスクリーンショットを他人に売り込む行為も、当然ながら不法行為となり名誉毀損に問われる可能性が出てきます。

モザイクを入れても意味がない

よく週刊誌などでは顔や目にモザイクを入れて一定の配慮をしているように見せています。

しかし、これは記事全体などから誰なのか分かるような場合は、名前を出していることと変わらないので、プライバシー権の侵害となります。

マジで意味がありません!!

侮辱罪厳罰化から検討する

先ほども言いましたが、今月の7日に侮辱罪が厳罰化しました。

それに伴い、社会全体で誹謗中傷に対する法的措置が加速するだろうと予想しています。

名誉毀損罪と侮辱罪とでは法定刑に大きな差が設けられており,侮辱罪に該当する行為に対する法的評価は適切に示されておらず,その抑止にも十分なものではないと考えられます。
また,「事実を摘示」したかどうか,すなわち,どのような事実をどの程度具体的に摘示すれば足りるかの評価は,その性質上,微妙なところがあり,事実の摘示があったと評価し難い事案は,侮辱罪で処理せざるを得ない結果,名誉侵害に対する法的評価を適切に行うことが困難な場合があると考えられるところです。

法制審議会刑事法(侮辱罪の法定刑関係)部会第1回会議

議事録の発言からも分かるとおり、侮辱罪で処理せざるを得ない事件が多いにも関わらず、侮辱罪は刑法上もっとも罪の軽い犯罪が上に、適切な罪責を負わせることができませんでした。

そのため、侮辱罪を名誉毀損罪を同程度の罪とするべく法定刑の引き上げの諮問がされました。

その結果、法定刑は上がり、懲役を課すことも可能となりました。

そのことを要因として、「誹謗中傷は犯罪である」という意識が高まることが予想されるので、被害届を出す人が増えるのではと考えています。

まとめ

昨今、非常に誹謗中傷が多く見られます。

匿名であるがゆえに、現実の世界では言い辛い辛辣な言葉も投稿しやすい。

実名でないから、身元がバレないから安心だ。

こんな安易な考えからなのでしょうけど、インターネットは匿名であって匿名ではないということを知って発言をして欲しいと思います。

身元は発信者情報開示請求で割れます。

ある日、突然、弁護士からの通知が来ないように気をつけて発言してください。

今回の講義はこれで終わります。

では、またお会いしましょう!

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました